先生

怯える毎日にピリオドを打つ【がんの転移に打ち勝つ対策法】

乳腺に発症するがん

自然

女性ならではの病気には乳がんが挙げられます。これは入管にある細胞ががんかしているのです。また場合によっては乳がんだけでにおさまらず、違う箇所に移り転移していき、新たながんとなってしまいます。

» 詳細を読む

肛門に近い位置のがん

Female

直腸がんは大腸がんの一種で、大腸がんと同様に年々増え続けている病気です。直腸にできてしまう腫瘍から、ひどくなると人工肛門にしなくてはいけない場合も少なくありません。しかし、早めの治療や医療の技術から極力負担を抑えていくことができるので、早い段階で発見されることが大切です。

» 詳細を読む

日本人に増加しているがん

Male

ここ数年、胆管がんを発症するひとが増加しています。特に高齢者に急増しており、それに伴い死亡率も上がっています。胆管がんは悪化するまで自覚症状が無いのが特徴です。日頃の体調管理と定期的な健康診断を怠らないようにしましょう。

» 詳細を読む

正しい対応が必要

病院

当たり前のことをする

がんの種類によっても変わりますが、転移する可能性があることを忘れてはいけません。がん治療を行い、なくなったとしても定期的に病院に行くことは必須といえます。目には見えないサイズで存在していることも珍しくないです。転移を防ぐためには、医師に確認してもらうことも重要ですが、家庭でできることもあります。健康状態が悪くなれば、がんができやすくなり転移しやすくなる可能性も高くなります。睡眠をきちんととり、ストレスをためないことから始めてみるとよいです。食事も少しずつ変えていくことが大切です。脂質や糖質が多い食事ではなく、ビタミンなど体調回復に役立つ栄養素をしっかりと摂取していけば、体の状態をよくすることが可能です。転移があるとはいえ、規則正しい生活をしていればがんになりにくくなります。

早く見つけることが大切

がんが転移しやすくなるかは、どの程度進行したかによっても変わってきます。初期段階で見つけることができれば、転移するリスクを減らすことができます。そのために必要になるのが、ちょっとした症状に気づくことです。がんになったからといって、いきなりひどい症状になるケースは少ないです。初期症状としては、体が痛むや疲れやすいなど他の病気と間違えてしまうものが多いです。体調が悪い状態が続くならば、がんになっている可能性がありますので一度病院で診てもらうとよいです。また、定期的に健診を受けるなどして確認しておくことも重要です。いつがんになってしまうかは誰にもわかりません。がんは、転移してしまう恐れがある病気ですが、日頃から体調に気をつけておけば発症しにくくすることができます。

Copyright© 2016 怯える毎日にピリオドを打つ【がんの転移に打ち勝つ対策法】 All Rights Reserved.