先生

怯える毎日にピリオドを打つ【がんの転移に打ち勝つ対策法】

肛門に近い位置のがん

Female

進行による治療

直腸がんは大腸の直腸の部分にできてしまう症状で、肛門から近い位置になります。そのため、大腸がんの代表的な症状である血便が見られやすい特徴があり、早くに気づく人も少なくありません。直腸がんと診断されると、その進行具合により治療方法も違ってきます。初期であれば内視鏡で腫瘍を取り除くことができますが、進行していると切開手術や抗がん剤に放射線治療などもその対象となります。他にも、最近では腹腔鏡手術が盛んに行われるようになり、直腸がんの手術でもこの方法が多くなってきました。直腸がんは肛門に近い位置となるので高度な技術が必要となりますが、体に対する負担を極力抑えていくことができます。傷跡もほとんど目立つようなこともなく、きれいに腫瘍を取り除くことができるのです。

簡単に受けられる検査

直腸がんは早めに発見することで、その治療も比較的簡単に済みます。症状が進行してしまうと転移してしまう可能性も出てくるので、早いうちに治療をするメリットは大きいのです。直腸がんを予防していくには、日頃の検査が効果的です。これは万が一直腸がんだったとしても早めに発見できるので、検査を受けていくことはとても大切なことです。この検査では内視鏡を使った方法もありますが、直腸の位置ということで肛門から指を入れて触診していく方法もあります。また、便潜血検査も血便の確認から直腸がんには最適な方法となります。病院に行かなくても自分で簡単に行えるので、気軽に検査を受けていくことができます。直腸がんは、このような方法で予防や早めの段階で発見していくことができるので、受けることで大きな事態を防いでいけるのです。

Copyright© 2016 怯える毎日にピリオドを打つ【がんの転移に打ち勝つ対策法】 All Rights Reserved.